おすすめ高速列車 16選

 ヨーロッパ各国の近年の鉄道開発は「スピード」から「居住性」に趣を移しており、人間工学に基づいて作られたリラックスできる座席、駅のラウンジ、子供の遊び場(滑り台)、子供専用アニメ上映場、赤ちゃん専用個室、ワンランク上の高級座席など様々なサービスがあります。

 また欧州では環境問題が大々的に注目されており二酸化炭素の排出量が少ない鉄道を利用しようという運動が活発です。ドイツでは航空券への課税を増やす一方で環境にやさしい鉄道運賃への課税額を減らすなど鉄道利用を促す政策も進められております。他のヨーロッパ諸国でも同様の動きがあり飛行機から鉄道へとシェアが変化しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加